HOME>特集>西洋医薬品より身体に優しく体質改善に適している

副作用を抑えながら悩みを解決できる

大阪には20件を超える漢方薬局が存在しており、症状にあわせた漢方を処方してくれます。漢方には第二類医薬品と第三類医薬品があり、作用がマイルドで西洋医薬品よりも副作用のリスクが低いです。複数の生薬を配合して調合されているので、作用の強い健康食品という感覚です。大阪の漢方薬局では、体調・症状を聞いてから適切なアドバイスをしてくれるでしょう。例えば肥満に悩んでいる人の場合においても、肥満の原因は人により異なるので、漢方薬の種類も変えていく必要があります。正しく服用しなければ副作用が強く出てしまう可能性があるので、信頼できる漢方薬局を探してください。

長期的に飲むことで実感できる

西洋医薬品は短期間の服用を中心にしたものが多いですが、漢方は一般的に長期連用を目的にしています。大阪の漢方薬局を活用する場合、少なくとも3か月は服用が必要だと考えてください。人間の体質は簡単に変わるものではなく、3~6か月くらいの改善期間を必要とするためです。症状が慢性化している場合ですと、1年くらいの服用が必要になることもあります。漢方の目的のひとつには温活があり、服用を続けることで身体が温かくなります。慢性的な冷え性があると病気の発症率を高めるため、病気を遠ざけるためにも大阪の漢方薬局で温活し、基礎体温を36度以上に保ちましょう。

広告募集中